コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町田経宇 まちだ けいう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

町田経宇 まちだ-けいう

1865-1939 明治-大正時代の軍人。
慶応元年9月3日生まれ。町田実一の養子。参謀本部第二部長,第四師団長,シベリア出兵の際のサガレン州派遣軍司令官などをつとめる。大正11年陸軍大将。昭和14年1月10日死去。75歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。陸軍大学校卒。本姓は井尾。旧名は宮崎愛次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

町田経宇

没年:昭和14.1.10(1939)
生年:慶応1.9.3(1865.10.22)
明治大正期の陸軍軍人。旧名宮崎愛次郎。薩摩(鹿児島)藩士井尾仲左衛門の次男。領事町田実一の養子となる。明治20(1887)年陸軍士官学校卒。26年陸軍大学校卒業後日清戦争(1894~95)に出征。33年ロシアに派遣され,日露戦争(1904~05)が勃発すると第4軍参謀(参謀長は薩摩の先輩上原勇作少将)を命じられた。その後第11,第4各師団長などを歴任,シベリア出兵に際しては大正10(1921)年サガレン州派遣軍司令官となり北樺太を占領した。11年大将に進み,翌年軍事参議官となったが,14年宇垣軍縮で予備役編入。陸軍薩摩閥の幹部的存在であった。<参考文献>上原勇作関係文書研究会編『上原勇作関係文書』

(岸本昌也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

町田経宇の関連キーワード町田敬二大正時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android