町礼(読み)ちょうれい

大辞林 第三版の解説

ちょうれい【町礼】

江戸時代、町人が家屋宅地の売買・相続、隠居などをしたとき、町内へ披露すること。まちれい。

まちれい【町礼】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐れい チャウ‥【町礼】

〘名〙 江戸時代、町方で家屋敷の売買や嫁入り、養子、隠居などが行なわれる場合、名主、五人組、家主、書役町内などに贈る金品。その額は、町法で定められていた。町儀。まちれい。
※正宝事録‐宝永三年(1706)一月二一日「町内家屋敷売買の節〈略〉町礼金銀大分出させ」

まち‐れい【町礼】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android