コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書(き)役 カキヤク

デジタル大辞泉の解説

かき‐やく【書(き)役】

文書の草稿下書きを作ったり、会議の内容などを記録したりする人。書記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

書(き)役の関連キーワード町役人(まちやくにん)白州(法廷)八十島 親徳遠藤 芳樹世尊寺経朝松本 忠雄岩村 清寿マレンコフ八十島親徳沢本 与一持明院基規天竺徳兵衛持明院基春持明院流斎藤高行西郷隆盛安部和貞阿部真造岩村清寿阿部栞奈

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android