書(き)役(読み)カキヤク

精選版 日本国語大辞典の解説

かき‐やく【書役】

〘名〙 文章の草案を書いたり、事項を書き留めたり、帳簿を作成保管したりする役職。また、その人。ものかき。書記。
※談義本・虚実馬鹿語(1771)五「同時にやくしゃをやめ、沢村長十郎の書役となり」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「倫敦状師館の書弁(〈注〉カキヤク)の子なり」

しょ‐やく【書役】

〘名〙 町番所に詰めていて、町名主を補助し算筆をつかさどった有給の役人。また、裁判を扱う役所に詰めていた記録係。書記。かきやく。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
※朝野新聞‐明治一八年(1885)八月一二日「百戸内外の村落にても戸長の月給五円、書役の給料四円」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android