コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町法 ちょうほう

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうほう【町法】

江戸時代,都市を構成する各町の自治的制規。町法度,町内式目,定法書などと呼ばれた。江戸時代の都市の住民としての商工業者のうち,社会的に正規の町人として存在していたのは,家屋敷を所持し,その家屋敷の広狭に応じて町奉行所や惣町の諸費用およびその町限りの町費を負担する家持に限られ,住民の大部分を占めた地借(じがり)・店借(たながり)は町人身分として認められていなかった。そして家持が他町・他国住の不在地主の場合は,家持の代理として家作を管理する家守(やもり)(大家)が準町人として,家持とともに町共同体の構成員となり,町政の自治的運営が行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

町法の関連キーワード江戸時代(年表)法隆寺旧境内藤ノ木古墳フェノロサ中宮寺跡うずら車七分積金中宮寺寿

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

町法の関連情報