コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畑時能 はた ときよし

2件 の用語解説(畑時能の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畑時能 はた-ときよし

?-1341 鎌倉-南北朝時代の武将。
武蔵(むさし)秩父郡(埼玉県)の人。信濃(しなの)にうつり,のち南朝方の新田義貞,脇屋義助に属す。義貞の敗死後,越前(えちぜん)で斯波高経(しば-たかつね)とたたかい,義助の杣山(そまやま)城陥落後も鷹巣(たかのす)城を死守したが,伊知地(いじち)山の合戦で暦応(りゃくおう)4=興国2年戦死した。通称は六郎左衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はたときよし【畑時能】

?‐1341(興国2∥暦応4)
南北朝時代前期の武将。通称六郎左衛門。《太平記》巻二十二によれば,がんらい武蔵国住人であったが,のち信濃国に移住したといい,武芸全般に優れ山野河海に漁猟したという。いわゆる典型的な〈悪党〉である。北陸越前において,新田義貞の敗死後,南朝方の武将として一井(いちのい)氏政らとともに鷹巣城(福井市高須町)に拠って守護斯波高経の軍と戦い,1341年敗死した。【小田 雄三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

畑時能の関連キーワード職原抄興国暦応光信大全一雅高津長幸二条為遠八幡六郎山城宗村度会朝棟

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

畑時能の関連情報