コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹巣 たかのす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鷹巣
たかのす

秋田県中北部,北秋田市北部の旧町域。米代川流域鷹巣盆地の中央に位置する。 1900年町制。 1955年栄村,坊沢村,七座 (ななくら) 村,沢口村の4村と合体。 1956年七日市村,綴子 (つづれこ) 村の2村を編入。 2005年森吉町,阿仁町,合川町と合体して北秋田市となった。寛永年間 (1624~44) 開拓の新田集落から発展,米代川の河港は米,木材の重要な集散地であった。奥羽本線,阿仁合線 (現秋田内陸縦貫鉄道) の開通後は商業が発達した。 1950年の大火で市街地の大部分を焼失したが,その後都市計画のもとに道路の整備など近代化が進み,交通の要所になっている。 1998年県内2番目の大館能代空港が開港した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鷹巣
たかのす

秋田県北部、北秋田郡にあった旧町名(鷹巣町(まち))。現在は北秋田市の北部を占める地域。旧鷹巣町は、1900年(明治33)町制施行。1955年(昭和30)栄(さかえ)・七座(ななくら)・坊沢(ぼうさわ)・沢口の4村と合併、1956年綴子(つづれこ)、七日市(なぬかいち)の2村を編入。2005年(平成17)森吉(もりよし)、阿仁(あに)、合川(あいかわ)の3町と合併して市制施行、北秋田市となった。鷹巣盆地の中心に位置し、盆地を横断して西流する米代(よねしろ)川と、その支流の糠沢(ぬかさわ)川、小猿部(おさるべ)川などの流域にある。米代川沿いをJR奥羽本線と国道7号(羽州街道)が走り、秋田内陸縦貫鉄道、国道105号、285号を分岐する。1998年、地域の南部に大館能代(おだてのしろ)空港が開港した。明治には郡役所が置かれ、県北の中心であった。地域の3分の2は国有林を主とする山地であるが、伐採量は激減している。木材加工、乳牛・肉牛飼育、養豚、養鶏が盛ん。企業誘致も進んでいる。樹高45メートルの千年カツラがある。また、綴子の大太鼓は国の選択無形民俗文化財。[宮崎禮次郎]
『『鷹巣町史』3巻・別巻2(1986~1989・鷹巣町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鷹巣の関連キーワード秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線福井県福井市浜住町あきた美人ライン宮城県白石市鷹巣秋田県北秋田市北秋田[市]渡辺 喜恵子北秋田(市)鷹巣[町]成田 直衛森吉[町]ケアタウン神成 文吉合川〈町〉鷹巣〈町〉森吉〈町〉一井氏政堀口氏政越前海岸大館盆地

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鷹巣の関連情報