コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畔田翠山 クロダスイザン

4件 の用語解説(畔田翠山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くろだ‐すいざん【畔田翠山】

[1792~1859]江戸末期の博物学者。紀伊の人。名は伴存。通称十兵衛。別号、翠嶽・紫藤園。諸国を巡って植物・魚介を採集し図録にした。著「草木志」「水族志」「古名録」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畔田翠山 くろだ-すいざん

1792-1859 江戸時代後期の本草家。
寛政4年3月生まれ。紀伊(きい)和歌山藩士。小原桃洞本草学を,本居大平(もとおり-おおひら)に国学をまなび,藩医となり薬園を管理。諸国を遊歴して水陸の動植物を調査・採集し,日本最初の水産動物誌「水族志」をあらわした。安政6年6月18日死去。68歳。名は伴存(ともあり)。通称は十兵衛。別号に紫藤園など。著作に「白山草木志」「古名録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

畔田翠山

没年:安政6.6.18(1859.7.17)
生年:寛政4.3(1792)
江戸後期の本草学者。姓は源,名は伴存,通称は十兵衛(5代),号は翠山,翠岳,紫藤園,翠嶺軒。和歌山藩湊南仲間(和歌山市)生まれ。本草学を同藩の小原桃洞に,国学歌学を本居大平に学んだ。俸禄20石の小身だったが,藩主徳川治宝に認められて医員として西浜御殿の花卉薬草の管理に当たる。居室の円窓書斎は書物,標本に満ち,採集行は加賀白山,越中立山など高山にもおよんだ。日本で最初の総合水産動物誌『水族志』をはじめ多くの著書があるが,『古名録』85巻は大和ことばを大切にした本草関係の異色の大作である。<参考文献>山口藤次郎『贈従五位畔田翠山伝』

(木村陽二郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くろだすいざん【畔田翠山】

1792~1859) 江戸末期の本草学者。紀伊の人。名は伴存。通称十兵衛。水陸の動植物を探究・図録した。著「野山草木通志」「水族志」「古名録」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畔田翠山の関連キーワード松岡玄達中院通繋岳鳳伊星双缶本草家本草図譜浅野春道小原桃洞木内政章曾占春

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone