コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畔田翠山 クロダスイザン

4件 の用語解説(畔田翠山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くろだ‐すいざん【畔田翠山】

[1792~1859]江戸末期の博物学者。紀伊の人。名は伴存。通称十兵衛。別号、翠嶽・紫藤園。諸国を巡って植物・魚介を採集し図録にした。著「草木志」「水族志」「古名録」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畔田翠山 くろだ-すいざん

1792-1859 江戸時代後期の本草家。
寛政4年3月生まれ。紀伊(きい)和歌山藩士。小原桃洞本草学を,本居大平(もとおり-おおひら)に国学をまなび,藩医となり薬園を管理。諸国を遊歴して水陸の動植物を調査・採集し,日本最初の水産動物誌「水族志」をあらわした。安政6年6月18日死去。68歳。名は伴存(ともあり)。通称は十兵衛。別号に紫藤園など。著作に「白山草木志」「古名録」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

畔田翠山

没年:安政6.6.18(1859.7.17)
生年:寛政4.3(1792)
江戸後期の本草学者。姓は源,名は伴存,通称は十兵衛(5代),号は翠山,翠岳,紫藤園,翠嶺軒。和歌山藩湊南仲間(和歌山市)生まれ。本草学を同藩の小原桃洞に,国学歌学を本居大平に学んだ。俸禄20石の小身だったが,藩主徳川治宝に認められて医員として西浜御殿の花卉薬草の管理に当たる。居室の円窓書斎は書物,標本に満ち,採集行は加賀白山,越中立山など高山にもおよんだ。日本で最初の総合水産動物誌『水族志』をはじめ多くの著書があるが,『古名録』85巻は大和ことばを大切にした本草関係の異色の大作である。<参考文献>山口藤次郎『贈従五位畔田翠山伝』

(木村陽二郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

畔田翠山の関連キーワード光の科学史石井庄助雲仙岳ブルボン朝ゴヤ(年譜)助五郎と幽学飯岡助五郎畔田翠山飯岡助五郎飯岡助五郎

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone