コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留園 りゅうえんLiu-yuan

2件 の用語解説(留園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

留園
りゅうえん
Liu-yuan

中国の蘇州,しょう門外にある庭園。明の嘉靖年間 (1522~66) には徐時泰の東園であったが,清の嘉慶5 (1800) 年,劉恕によって改造され,寒碧山荘と改称された。その後,光緒2 (76) 年再び拡張され,留園と名づけられた。面積は約 8100m2 (約 2450坪) で,池を中心とした中央部,建物を中心とした東部,築山を中心とした西部,木立ちを中心とした北部から成る。樹齢 200~300年に及ぶ大木や,黄石を積重ねた山などと,曲渓楼,五峰仙館,揖峰軒,還我読書処などの建物がみごとに調和している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

りゅうえん【留園】

中国の江蘇(こうそ)省蘇州(そしゅう)(スーチョウ)にあり、明の時代の嘉靖年間に造られた庭園。蘇州四大名園の一つで、清代の庭園様式を今に伝えている。4部で構成され、東部は建物が中心の重厚な建築、中部は山水、西部は山林、北部は田園の趣を表現している。庭園内の楼閣や回廊に掛けられた有名な書家の墨跡、「花窓」と呼ばれる透かし彫りのデザインがすばらしい。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

留園の関連情報