コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留(め)筆 トメフデ

デジタル大辞泉の解説

とめ‐ふで【留(め)筆】

手紙の終わり。文の結末。
書家や画家が、その師匠や主君から、随意に筆を執ることを禁じられること。また、その人。
歌舞伎番付や看板に一座の俳優を列記するとき、一番最後に書かれる俳優。ふつう座頭(ざがしら)が据えられた。また転じて、座頭のこと。→初筆(しょふで)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

留(め)筆の関連キーワード初筆

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android