留(め)筆(読み)トメフデ

デジタル大辞泉の解説

とめ‐ふで【留(め)筆】

手紙の終わり。文の結末。
書家や画家が、その師匠や主君から、随意に筆を執ることを禁じられること。また、その人。
歌舞伎番付や看板に一座の俳優を列記するとき、一番最後に書かれる俳優。ふつう座頭(ざがしら)が据えられた。また転じて、座頭のこと。→初筆(しょふで)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とめ‐ふで【留筆】

〘名〙
① 手紙の文句の終わり。文の結末。
② 書家や画家などが、随意に筆を執ることを主君や師匠から禁じられること。
※俳諧・伊達衣(1699)上「留筆(とめふで)の破戒はゆるせ山桜〈庚蘭〉」
③ 歌舞伎の番付や看板などに書く俳優の序列で、最後尾にすこし離して書く座頭(ざがしら)格の役者のこと。転じて、座頭のこと。
※楽屋図会拾遺(1802)上「櫓下看板 若女形、娘形、若衆形の名まへを書たるかん板なり。若女形は矢倉下三まいをよしとする。書始(いちふて)。中(なかぢく)。留筆(トメフデ)なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android