コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異系交配 イケイコウハイ

デジタル大辞泉の解説

いけい‐こうはい〔‐カウハイ〕【異系交配】

分類上同種であるが類縁関係が比較的遠い品種・変種・種などを交配すること。品種改良など、実用上の価値は高い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いけいこうはい【異系交配】

〘生〙 系統の異なった品種・変種・種・属などの間で行う交配。 ↔ 同系交配

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

異系交配
いけいこうはい

近親交配の反対で、縁の遠いものの間の交配のこと。その遠縁の程度の基準は、任意交配よりも遠い関係にあるものとされる。一般にこれによって得られる雑種強勢を利用するために行われる。しかし、あまり遠縁のものの間の交配は、雑種の不妊性や不稔(ふねん)性(植物では種子をつくる能力が妨げられること)を引き起こして、かえって不利になることがある。[井山審也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の異系交配の言及

【交配】より

…生物の雌雄の生殖器官の合着(かけ合わせ)によって,次の世代ができること。交雑ともいうが,交雑は後述の異系交配と同じ意味で用いることが多い。多くの動物では,交配によって子孫を作ることが古くから知られていた。…

※「異系交配」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

異系交配の関連キーワードインターブリードアウトブリード日本犬純系

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android