痤瘡(読み)ザソウ

  • ×痤×瘡
  • ざそう ‥サウ
  • ざそう〔サウ〕

大辞林 第三版の解説

毛穴に炎症を起こして生ずる丘疹・膿疱。比較的慢性の経過をとる。にきびもこの一種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小さな毛嚢(もうのう)炎(毛包炎)が多発しているものをいい、普通は尋常性瘡(にきび)をさす。類似の瘡様発疹(ほっしん)には、石油や機械油などに接して生ずる油性瘡、鉱物油を含む化粧品や整髪剤によるもの、内分泌異常、ベーチェット病に伴うものなどがある。薬剤でよくみられるのは副腎(ふくじん)皮質ホルモンなどステロイド剤によるステロイド瘡で、そのほか、経口避妊薬、抗てんかん薬、抗結核薬のイソニアジド、ヨード、ブロム剤によるものがある。[齋藤公子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android