コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痴愚神礼讃 ちぐしんらいさん

百科事典マイペディアの解説

痴愚神礼讃【ちぐしんらいさん】

エラスムスの著書。原題《Moriae encomium》,《愚神礼讃》とも。1509年にT.モアの家で書かれ,1511年刊。古代文芸の深い教養をもって,人間を愚者の集団としてとらえ,それを支配する〈痴愚女神〉に縦横の弁を振るわせつつ,あらゆる権威を諷刺している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちぐしんらいさん【痴愚神礼讃 Moriae encomium】

エラスムスのラテン語風刺文学(1509執筆,1511刊)。《愚神礼讃》とも訳される。親友T.モアのラテン名モルスからモリア(痴愚女神)なる存在を着想,人間のあらゆる営為の根源にその働きがあることを聴衆を前にした女神の自画自讃の長広舌という形式で証明しようとした戯文ルキアノステレンティウスを愛した著者は,古代ギリシア・ローマに関する深い素養を縦横に駆使し,軽妙滑稽また寸鉄人を刺す警句を用いて硬直した公式文化の価値体系を逆転させ,王侯貴族や教皇から神学者や哲学者・文法家など,いわゆる権威者の痴愚への隷従ぶりを描き,逆にこの世における愚者こそ神の前には英知の人であることを暗示している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の痴愚神礼讃の言及

【エラスムス】より

…しかも当然予想された保守的カトリックの激しい非難や,教会分裂を是認しようとしない彼に対するルター派の攻撃を浴びながら,彼は愛と平和の福音精神の下に一つに結ばれた世界の実現をめざす戦うヒューマニストとして,より広い読者に対し警世の筆をふるい続けた。有名な《痴愚神礼讃》をはじめ古代の英知に倣った《対話集》(1522‐33),ヒューマニズムの政治哲学を代表する《キリスト教君主教育》(1516)や近代最初の平和論《平和の訴え》(1517),男女両性の愛と合意に基づく世俗の結婚生活に積極的価値を認めた《キリスト教的結婚教育》(1526),子どもの自発性と個性を尊重した《子どもの教育について》(1529)やより実際的な《子どもの礼儀作法について》(1530)などは,しばしば重版翻訳され,同時代および後世に広い影響を与えている。人文主義【二宮 敬】。…

【道化】より

… 偉大な人文学者エラスムスにとっても,道化的世界観は親しいものだった。彼の《痴愚神礼讃》では,〈痴愚〉の化身たる女神が祭りの喧騒の中で女道化の一人芝居よろしく長広舌をふるって,この世をあまねく支配している自分の力を自慢している。しかし作者は単にこの形式によって世の権力者たちを風刺しているだけではなく,人間そのものの愚かしさを哀れみ,さらには〈聖なる愚者〉(英語のsilly(愚かな)は語源的には〈祝福された〉を意味する)への礼賛へと転じていく。…

※「痴愚神礼讃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

痴愚神礼讃の関連キーワード愚神礼讃・愚神礼讚愚神礼賛

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android