コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瘤取爺 こぶとりじい

3件 の用語解説(瘤取爺の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

瘤取爺【こぶとりじい】

昔話。頬(ほお)か額に瘤がある爺が山中で鬼または天狗(てんぐ)に会い,踊りがうまいので鬼に瘤をとってもらう。隣の欲深爺がまねするが,へたなので瘤をつけられる。《宇治拾遺物語》にみえ,鎌倉時代からこの話がおこなわれていたことがわかる。

瘤取爺【こぶとりじじい】

瘤取爺(こぶとりじい)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こぶとりじい【瘤取爺】

昔話。頰にこぶのある爺が,山中の洞穴で雨宿りするうちに鬼・天狗の酒盛りに迷い込み,舞や踊りを披露して鬼などの歓心をかう。再び来る約束のためにこぶを取られるが,爺は大喜びで帰る。それを隣の爺が真似する。しかし舞や踊りがへたであったので鬼は喜ばない。質ぐさに取った前の爺のこぶまで付けられて,泣きながら帰る,と語られる。笑話化されて広く知られる。山中で落とした握飯を追いかけながら,酒盛りに出くわすと語る例もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の瘤取爺の言及

【小人の贈物】より

…《グリム童話》182番の題名であるが,同じタイプの昔話はアイルランドに多く,その他ヨーロッパ全域,トルコ,イラン,インドにも分布している。仕立屋と金細工師が旅をしていると,月夜に丘の上で小人たちが歌いつつ踊っている。真ん中にいる大きな爺(じじい)の合図で2人もいっしょに踊る。すると爺に髪とひげを剃り落とされる。それから石炭をもらって帰ると,翌朝には純金になっている。金細工師は欲ばって再び試みるが,翌朝見ると,前日の純金まで石炭になっている。…

※「瘤取爺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

瘤取爺の関連キーワード瘤取り爺山窟爺が背たん瘤洞穴光蘚瘤瘤荷瘤熔岩洞穴ヤコブの梯子

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone