コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発情周期 ハツジョウシュウキ

大辞林 第三版の解説

はつじょうしゅうき【発情周期】

繁殖期中に多くの哺乳類の雌にみられる発情状態の周期性。発情ホルモン分泌時期と停止時期が交互にあらわれる。
発情の生理的周期。卵胞が成熟する時期、卵胞から成熟卵が排卵される時期と卵胞が黄体化する時期を繰り返す。ヒトは約28日で、月経周期に相当する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の発情周期の言及

【発情】より

…シカ,オオカミ,アルマジロなどでは,発情は1年の特定時期(繁殖期)に1回の発情を示すが,他の大部分の動物では,一つの繁殖期に,複数の発情を周期的に繰り返す。この発情周期の長さは,ネコでは2週間,ウシ,ウマ,ヒツジなどでは2.5~3週間である。卵巣の状態から発情周期をみると,濾胞(ろほう)(卵胞)の成熟する濾胞期,濾胞から成熟卵が排出される排卵期,および排卵後の濾胞から黄体の発達する黄体期に分けられる。…

※「発情周期」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

発情周期の関連キーワードバイオテクノロジー生殖器官ネズミキリン成熟卵哺乳類家畜繁殖子宮

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android