コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発生期 はっせいき nascent state

2件 の用語解説(発生期の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発生期
はっせいき
nascent state

発生期状態ともいう。元素が化合物より遊離した瞬間は非常に反応性に富む。この状態を発生期という。たとえば硫酸で微酸性にした過マンガン酸カリウム水溶液に,ボンベに詰めてある水素あるいはキップのガス発生器からの水素を通じても変化はみられないが,その水溶液に亜鉛を投入すると,過マンガン酸カリウムはたちまち還元されて無色となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はっせい‐き【発生期】

発生期状態」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

発生期の関連キーワードアゾ化合物化合物親気元素無機化合物発生期状態砒化水素定比化合物不定比化合物ラセミ化合物初期状態と最終状態の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

発生期の関連情報