発生期(読み)はっせいき(英語表記)nascent state

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発生期
はっせいき
nascent state

発生期状態ともいう。元素化合物より遊離した瞬間は非常に反応性に富む。この状態を発生期という。たとえば硫酸で微酸性にした過マンガン酸カリウム水溶液に,ボンベに詰めてある水素あるいはキップのガス発生器からの水素を通じても変化はみられないが,その水溶液に亜鉛を投入すると,過マンガン酸カリウムはたちまち還元されて無色となる。このときの水素は発生期の状態で作用したからであるといわれ,原子あるいはイオンの状態にあるものと解されている。このような活性に富む水素を活性水素という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はっせい‐き【発生期】

〘名〙 元素が化合物から遊離した瞬間の、非常に化学反応性に富む状態。酸素・水素などによくみられ、元素は原子状態になっている。発生期状態。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android