コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発生期 はっせいきnascent state

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発生期
はっせいき
nascent state

発生期状態ともいう。元素が化合物より遊離した瞬間は非常に反応性に富む。この状態を発生期という。たとえば硫酸で微酸性にした過マンガン酸カリウム水溶液に,ボンベに詰めてある水素あるいはキップのガス発生器からの水素を通じても変化はみられないが,その水溶液に亜鉛を投入すると,過マンガン酸カリウムはたちまち還元されて無色となる。このときの水素は発生期の状態で作用したからであるといわれ,原子あるいはイオンの状態にあるものと解されている。このような活性に富む水素を活性水素という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

発生期の関連情報