コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発生期 はっせいきnascent state

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発生期
はっせいき
nascent state

発生期状態ともいう。元素が化合物より遊離した瞬間は非常に反応性に富む。この状態を発生期という。たとえば硫酸で微酸性にした過マンガン酸カリウム水溶液に,ボンベに詰めてある水素あるいはキップのガス発生器からの水素を通じても変化はみられないが,その水溶液に亜鉛を投入すると,過マンガン酸カリウムはたちまち還元されて無色となる。このときの水素は発生期の状態で作用したからであるといわれ,原子あるいはイオンの状態にあるものと解されている。このような活性に富む水素を活性水素という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

発生期の関連キーワードアブドゥル・カーヒル・アル・バグダーディーサイクリック式ガス製造装置J.L.A. ブラーシェヴィルジリオ ブロッキ近世物之本江戸作者部類コナカゲロウ(粉蜻蛉)チエーロ・ダルカモカラフトヒョウモンエチレンオキシドオオワライタケ東シナ海低気圧インクナブラテングチョウオキシドール窒素硬化鉄ジャフム派砂川 捨丸発生機状態サペーニョ原始的蓄積

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

発生期の関連情報