コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発生期状態 ハッセイキジョウタイ

デジタル大辞泉の解説

はっせいき‐じょうたい〔‐ジヤウタイ〕【発生期状態】

ある元素化合物から遊離した瞬間に、化学的に大きな活性を示すこと。水素酸素でみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

発生期状態【はっせいきじょうたい】

ある元素の原子がある化合物から遊離した瞬間に化学的にきわめて活性が強くて反応性に富む状態になることがある。このときの状態を発生期状態という。たとえば希硫酸中で亜鉛と反応して生ずる水素は,発生した瞬間には発生機状態にあり,普通の水素よりきわめて強い還元力をもつ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はっせいきじょうたい【発生期状態 nascent state】

ある物質が化学反応によって生成した瞬間に異常に高い反応性をもつ状態。たとえば硫酸酸性の過マンガン酸塩水溶液に通常の水素を通じても変化は起こらないが,同じ水溶液に亜鉛を加えて溶液内で水素を発生させると,発生期状態の水素が反応して,溶液の色が紫色から無色に変化する。これは,化学反応によってつくられたばかりの水素が余分のエネルギーをもち,活性化の状態にあるためと考えられる。このような高い反応活性は酸素,窒素などにもみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はっせいきじょうたい【発生期状態】

化学反応によって化合物から遊離した直後の物質がきわめて反応性に富んでいるときの状態。水素・酸素などに見られ、原子あるいはイオンに近い状態と考えられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

発生期状態の関連キーワード砒化水素イオン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android