コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発見的原理 ハッケンテキゲンリ

デジタル大辞泉の解説

はっけんてき‐げんり【発見的原理】

真理や事実の発見を目的として暫定的に設けられる方法・仮説。カント哲学では、経験の限界を超えて認識を拡張するのではなく、経験的認識の体系的統一をどう求めたらよいかを指示する理念をさす。規制的原理。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はっけんてきげんり【発見的原理】

〘哲〙
新しい真理を発見するために設けられる仮説。
ドイツ heuristisches Prinzip〕 カント哲学の用語。カテゴリー(範疇)が対象を構成する構成的原理であるのに対し、認識の限界を定め、経験の統一性を発見させるものである理念を呼ぶ語。規制的原理。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

発見的原理の関連キーワード真理

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android