コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登美直名 とみの ただな

1件 の用語解説(登美直名の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

登美直名 とみの-ただな

792-853 平安時代前期の官吏。
延暦(えんりゃく)11年生まれ。正月王(むつきのおう)の孫。登美藤津の子。弘仁(こうにん)13年主膳監正(しゅぜんげんのかみ)。大和介,少納言などを歴任。承和(じょうわ)12年法隆寺僧善愷(ぜんがい)に同寺の財物を横領したとしてうったえられるが,伴善男(ともの-よしお)の弁護によりすくわれる。14年大宰少弐,嘉祥(かしょう)2年豊後権守(ぶんごのごんのかみ)。仁寿(にんじゅ)3年6月10日死去。62歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の登美直名の言及

【善愷訴訟事件】より

…法隆寺僧の善愷が846年(承和13),法隆寺檀越で当時少納言であった登美直名(とみのただな)を,寺産を不正に自己のものとしたとして直接弁官に訴えた事件。このような檀越の専横は当時多く見られたが,この訴訟はことに,9世紀初頭に沈滞の極に達し檀越登美氏から疎外されていた法隆寺僧の,道詮を中心とした自主性回復運動を背景としていた。…

※「登美直名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

登美直名の関連キーワード朝右王紀東人貞江継人讃岐永成讃岐当世平安典伴宗藤原大津三統理平丹墀門成

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone