白井 健三郎(読み)シライ ケンザブロウ

20世紀日本人名事典の解説

白井 健三郎
シライ ケンザブロウ

昭和・平成期の文芸評論家 学習院大学名誉教授。



生年
大正6(1917)年12月14日

没年
平成10(1998)年2月13日

出生地
東京都千代田区神田

学歴〔年〕
東京帝大文学部仏文科〔昭和18年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲三等瑞宝章〔平成7年〕

経歴
大学在学中に中村真一郎福永武彦、加藤周一らと文学グループ、マチネ・ポエティックを結成、詩やエッセイを発表。戦後はサルトルやカミュなど実存主義に関心を持ち、翻訳、紹介を続けた。昭和23年慶応義塾大学講師、27年経済学部助教授、29年学習院大学文学部助教授、36年教授、56年文学部仏文科主任教授。63年名誉教授。また、学生運動の支援や、「悪徳の栄え」の翻訳がわいせつにあたるかを争った“サド裁判”の特別弁護人なども務めた。その後、フーコーデリダなどポストモダニズムの翻訳、紹介を続けた。著書に「実存と虚無」「異常が正常をあばくとき」、訳書にサルトル「文学とは何か」、アラン「幸福論」、「ひとつの立場」「アルケオロジー宣言」などがある。61年古希記念論文集「彷徨の祝祭」を出版。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

白井 健三郎 (しらい けんざぶろう)

生年月日:1917年12月14日
昭和時代;平成時代の文芸評論家;フランス文学者。学習院大学教授
1998年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android