コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白妙の シロタエノ

デジタル大辞泉の解説

しろたえ‐の〔しろたへ‐〕【白妙の】

[枕]
衣・布に関する「衣」「袖(そで)」「袂(たもと)」「たすき」「紐(ひも)」「領布(ひれ)」などにかかる。
「―袖ひつまでに泣きし思ほゆ」〈・二五一八〉
「―紐をも解かず一重結ふ帯を三重結ひ」〈・一八〇〇〉
白い色の意から、「雲」「雪」「波」「浜のまさご」などにかかる。
「―雲か隠せる天つ霧かも」〈・一〇七九〉
栲(たえ)の材料となる藤、また白栲で作る木綿(ゆう)と同音の「ふぢ」「ゆふ(木綿・夕)」にかかる。
「―藤江(ふぢえ)の浦に漁(いざり)する」〈・三六〇七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しろたえの【白妙の】

( 枕詞 )
「衣」「袖」「たすき」「ひれ」「ひも」「緒」など、布で作ったものにかかる。 「春過ぎて夏来るらし-衣干したり天の香具山/万葉集 28
「雪」「雲」「月」「波路」「砂」「卯の花」「鶴」など白いものにかかる。 「まそ鏡照るべき月を-雲か隠せる天つ霧かも/万葉集 1079
「藤江の浦」「かしは」「夕波」「夕告鳥」「浜名」にかかる。 「 -藤江の浦に漁いざりする/万葉集 3607

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白妙のの関連キーワード小倉百人一首此方彼方見す見す山部赤人百人一首解き交ふ抜き乱るいざり衣打つ万葉集体言止木綿以て天香麻衣玉衣幾許蓋し

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白妙のの関連情報