コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白妙の シロタエノ

2件 の用語解説(白妙のの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しろたえ‐の〔しろたへ‐〕【白妙の】

[枕]
衣・布に関する「衣」「袖(そで)」「袂(たもと)」「たすき」「紐(ひも)」「領布(ひれ)」などにかかる。
「―袖ひつまでに泣きし思ほゆ」〈・二五一八〉
「―紐をも解かず一重結ふ帯を三重結ひ」〈・一八〇〇〉
白い色の意から、「雲」「雪」「波」「浜のまさご」などにかかる。
「―雲か隠せる天つ霧かも」〈・一〇七九〉
栲(たえ)の材料となる藤、また白栲で作る木綿(ゆう)と同音の「ふぢ」「ゆふ(木綿・夕)」にかかる。
「―藤江(ふぢえ)の浦に漁(いざり)する」〈・三六〇七〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しろたえの【白妙の】

( 枕詞 )
「衣」「袖」「たすき」「ひれ」「ひも」「緒」など、布で作ったものにかかる。 「春過ぎて夏来るらし-衣干したり天の香具山/万葉集 28
「雪」「雲」「月」「波路」「砂」「卯の花」「鶴」など白いものにかかる。 「まそ鏡照るべき月を-雲か隠せる天つ霧かも/万葉集 1079
「藤江の浦」「かしは」「夕波」「夕告鳥」「浜名」にかかる。 「 -藤江の浦に漁いざりする/万葉集 3607

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白妙のの関連キーワード唐錦敷妙の仰け領元のえ擦れ

白妙のの関連情報