コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白嶺 はくれい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白嶺 はくれい

?-? 江戸時代中期の僧。
浄土真宗本願寺派。越前(えちぜん)(福井県)の人か。宝暦11年(1761)に執行された親鸞(しんらん)五百回忌の記録「御法会正記(ごほうえしょうき)」を筆記する。号は雪桟。著作に「勧化(かんげ)河清談」「勧化令信鈔(りょうしんしょう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

はくれい【白嶺】

京都の日本酒。酒名は、蔵元から臨む由良岳の雪景色に由来。ベストセラー商品は普通酒「金紋白嶺」。ほかに純米酒本醸造酒など。吟醸酒を10年熟成させた古酒「白嶺黄金」もある。平成16、19年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は五百万石など。仕込み水は大江山連峰の伏流水。蔵元の「ハクレイ酒造」は天保3年(1832)創業。所在地は宮津市字由良。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

白嶺の関連キーワード浄土真宗本願寺派マンガン団塊12月9日井手 逸郎柴田白葉女渡辺 萎文中村直人海底資源海洋資源吉田芳明渡辺萎文寄さる白嶺丸北岳しだのえ

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白嶺の関連情報