コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白洲次郎 シラスジロウ

2件 の用語解説(白洲次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しらす‐じろう〔‐ジラウ〕【白洲次郎】

[1902~1985]政治家・実業家。兵庫の生まれ。正子の夫。企業役員などを経て、第二次大戦後は吉田茂の側近としてGHQとの折衝などに当たる。昭和23年(1948)貿易庁初代長官、昭和26年(1951)サンフランシスコ講和会議全権委員顧問。吉田退陣後は再び実業家として活躍。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白洲次郎 しらす-じろう

1902-1985 昭和時代の実業家。
明治35年2月17日生まれ。白洲退蔵の孫。戦前は日本食料工業などの役員をつとめ,戦後は首相吉田茂の側近として,終戦連絡事務局次長,初代貿易庁長官などを歴任。昭和26年サンフランシスコ講和会議全権委員顧問。東北電力,大沢商会の会長をつとめた。白洲正子は妻。昭和60年11月28日死去。83歳。兵庫県出身。ケンブリッジ大卒。
【格言など】戒名無用,葬儀不要(遺言)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

白洲次郎の関連キーワード朝鮮映画皮革工業指紋押捺制度世界女性会議正岡子規熱雲松竹(株)丹下左膳グロムイコ角閃石黒雲母花崗岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白洲次郎の関連情報