コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白洲正子 シラスマサコ

3件 の用語解説(白洲正子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しらす‐まさこ【白洲正子】

[1910~1998]随筆家。東京の生まれ。次郎の妻。幼少より能を習い、当時は女人禁制とされていた能舞台に女性演者として初めて立った。「能面」「かくれ里」で読売文学賞を二度受賞。能のほか、古美術や古典文学に関する著作が多い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

白洲正子【しらすまさこ】

随筆家。東京都生れ。父は実業家・政治家で伯爵の樺山愛輔(かばやまあいすけ),夫は実業家で吉田茂の側近として活躍した白洲次郎。1924年に女子学習院初等部を修了。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白洲正子 しらす-まさこ

1910-1998 昭和-平成時代の随筆家。
明治43年1月7日生まれ。樺山(かばやま)愛輔の次女。白洲次郎の妻。女人禁制の能舞台に演者としてはじめてたつ。昭和18年「お能」を刊行し,「能面」「かくれ里」で読売文学賞を2度受賞。古美術,古典文学,紀行などはばひろい分野で活躍。平成10年12月26日死去。88歳。東京出身。アメリカのハートリッジ-スクール卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

白洲正子の関連キーワード新聞小説Kiroro自動車工業生活教育北欧映画恐怖映画ホンダ VFR800FI教育委員会公明党アフリカ神話

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白洲正子の関連情報