白珊瑚(読み)シロサンゴ

大辞林 第三版の解説

しろさんご【白珊瑚】

サンゴの一種。樹枝状の骨格は太く、乳白色で薄紅色を帯びる。装飾品に加工する。暖海に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白珊瑚 (シロサンゴ)

学名:Corallium konojoi
動物。サンゴ科のサンゴ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しろ‐さんご【白珊瑚】

〘名〙 八放サンゴ類のうちのサンゴ科の刺胞動物。サンゴの一種で、群体は黄色または紅色の樹枝状、各枝の先端は丸みを帯びる。高さ約三〇センチメートル。骨軸は淡紅色を帯びた白色で、細工に利用されるが質はよくない。日本近海の深さ二〇〇メートル付近の海底に着生する。
由利旗江(1929‐30)〈岸田国士〉生死の鍵「帯止の白珊瑚は、百円、合計実に六百何円といふ附け値である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android