コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白石勝巳 シライシカツミ

デジタル大辞泉の解説

しらいし‐かつみ【白石勝巳】

[1918~2000]プロ野球選手・監督。広島の生まれ。旧名、敏男。巨人遊撃手として千葉茂水原茂とともに鉄壁の内野陣を組み第1期黄金時代を築いた。2リーグ分立の昭和25年(1950)新球団広島に移籍。のち監督も務め、広島球団を育て上げた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白石勝巳 しらいし-かつみ

1918-2000 昭和時代のプロ野球選手,監督。
大正7年4月15日生まれ。広陵中学から昭和11年巨人に入団。逆シングルの名遊撃手とよばれ,川上哲治らと第1期黄金時代をきずく。21年パシフィックをへて,23年巨人に復帰。25年故郷の新球団広島にうつる。実働18年,通算1574安打,2割5分6厘。29-35年,38-40年広島監督をつとめた。60年野球殿堂入り。平成12年12月11日死去。82歳。前名は敏男。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

白石勝巳の関連キーワード昭和時代白石

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白石勝巳の関連情報