コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白神皡々 しらが こうこう

1件 の用語解説(白神皡々の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白神皡々 しらが-こうこう

1777-1857 江戸時代後期の画家。
安永6年生まれ。京都で四条派の柴田義董(ぎとう)にまなび,諸国を遊歴して頼山陽,篠崎小竹(しのざき-しょうちく)らと親交をむすぶ。山水・人物・花鳥をえがいた。安政4年6月7日死去。81歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。名は昌保。字(あざな)は子興。通称は平助。別号に鯉山。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

白神皡々の関連キーワード宋紫岡小沢槐蔭内田凌雲小倉東渓木村玉英小浦松園鈴木筌斎泉鉄高島千春村梅岳

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone