コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白神皡々 しらが こうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白神皡々 しらが-こうこう

1777-1857 江戸時代後期の画家。
安永6年生まれ。京都で四条派の柴田義董(ぎとう)にまなび,諸国を遊歴して頼山陽,篠崎小竹(しのざき-しょうちく)らと親交をむすぶ。山水・人物・花鳥をえがいた。安政4年6月7日死去。81歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。名は昌保。字(あざな)は子興。通称は平助。別号鯉山

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

白神皡々の関連キーワード加藤美樹小糸佐七物蕪村インドの大反乱ケクレズーフ沼波弄山シェリダンハーキマー岡安喜三郎(2代)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android