白藤源太(読み)しらふじ げんた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白藤源太 しらふじ-げんた

伝説上の力士。
江戸時代中期から後期にかけて,「上総(かずさ)(千葉県)金置(かねおき)村のひきた源兵衛が総領息子」と俗謡にうたわれた。歌舞伎,浄瑠璃(じょうるり),読み本などにとりあげられた。金置村は神置村(夷隅(いすみ)町)のこととされる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android