コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白金石綿 ハッキンセキメン

2件 の用語解説(白金石綿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はっきん‐せきめん〔ハクキン‐〕【白金石綿】

白金海綿を沈着させた石綿。水素酸素とを反応させる触媒に使用。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

白金石綿【はっきんせきめん】

石綿を塩化白金酸H2PtCl6水溶液に浸してから焼いたもの。微細な表面積の大きい白金が付着するため,白金黒と同様酸化触媒として用いられる。接触法硫酸製造に重要。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の白金石綿の言及

【白金】より


[用途]
 白金は純金属あるいは合金として,度量衡原器,抵抗温度計,熱電対,電気接点,電極,電気炉,るつぼ,化学装置,歯科用材料,装飾用貴金属として,その化学的不活性を生かして広く用いられ,また触媒として水素化,脱水素化,異性化などに用途が広い。
[白金石綿]
 石綿上に微粒子の白金(白金海綿)を析出付着させたもの。白金アスベストplatinum asbestosともいう。…

※「白金石綿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone