コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鳳渓谷 ハクホウケイコク

デジタル大辞泉の解説

はくほう‐けいこく【白鳳渓谷】

山梨県西部、南アルプス市にある渓谷。野呂川の、赤石山脈北岳の登山口広河原から白根三山から流下する荒川と合流して早川となるまでをいう。紅葉の名所として知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白鳳渓谷
はくほうけいこく

山梨県西部、富士川の支流、早川の最上流部である野呂(のろ)川渓谷の別称。白根(しらね)三山から流下する荒(あら)川の合流点までをいう。南アルプス国立公園に含まれる。野呂川左岸の花崗(かこう)岩類の山地と右岸の古生層、中生層の山地の中間を流れ、岩石、水色、また紅葉も美しい。野呂川林道を利用し奈良田(ならだ)方面から広河原(ひろがわら)に至り、南アルプス林道を夜叉神(やしゃじん)峠へ抜けるコースは、その渓谷美を楽しむのに最適である。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

白鳳渓谷の関連キーワード南アルプス奈良田温泉吉村芦安

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android