コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鳳渓谷 ハクホウケイコク

2件 の用語解説(白鳳渓谷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はくほう‐けいこく【白鳳渓谷】

山梨県北西部にある渓谷。南巨摩(こま)郡早川町奈良田から、赤石山脈北岳の登山口広河原までの野呂川流域をいう。河床には石灰岩輝緑凝灰岩などが見られる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白鳳渓谷
はくほうけいこく

山梨県西部、富士川の支流、早川の最上流部である野呂(のろ)川渓谷の別称。白根(しらね)三山から流下する荒(あら)川の合流点までをいう。南アルプス国立公園に含まれる。野呂川左岸の花崗(かこう)岩類の山地と右岸の古生層、中生層の山地の中間を流れ、岩石、水色、また紅葉も美しい。野呂川林道を利用し奈良田(ならだ)方面から広河原(ひろがわら)に至り、南アルプス林道を夜叉神(やしゃじん)峠へ抜けるコースは、その渓谷美を楽しむのに最適である。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白鳳渓谷の関連キーワード鰍沢道志川身延雨畑石小牧小又峡道志渓谷名栗渓谷西沢渓谷ビントガル渓谷

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone