白鳳渓谷(読み)ハクホウケイコク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白鳳渓谷
はくほうけいこく

山梨県西部、富士川の支流、早川の最上流部である野呂(のろ)川渓谷の別称。白根(しらね)三山から流下する荒(あら)川の合流点までをいう。南アルプス国立公園に含まれる。野呂川左岸の花崗(かこう)岩類の山地と右岸の古生層、中生層の山地の中間を流れ、岩石、水色、また紅葉も美しい。野呂川林道を利用し奈良田(ならだ)方面から広河原(ひろがわら)に至り、南アルプス林道を夜叉神(やしゃじん)峠へ抜けるコースは、その渓谷美を楽しむのに最適である。[吉村 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android