コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北岳 きただけ

7件 の用語解説(北岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北岳
きただけ

山梨県西部にある日本第2の高山。赤石山脈北部にある。標高 3193m。白根三山の一峰で,頂部は岩稜をなし,雄大な山容を呈する。山頂東部に「北岳バットレス」と呼ばれる岩場がある。高山植物が豊富で,お花畑がみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きた‐だけ【北岳】

山梨県北西部、赤石山脈北部にある日本第2の高峰。標高3193メートル。南に連なる間(あい)ノ岳農鳥(のうとり)岳とともに白根山とよばれる。

ほく‐がく【北岳】

中国の五岳の一、恒山(こうざん)の異称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

北岳【きただけ】

山梨県西部,赤石山脈北部にそびえる白根三山の一峰。日本第2の高峰で標高3193m。山頂は三角錐状を呈し,北峰と主峰の南峰に分かれる。東斜面は大樺沢の谷頭に当たるけわしい岸壁で北岳バットレスと呼ばれる。
→関連項目間ノ岳赤石山脈日本百名山農鳥岳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きただけ【北岳】

赤石山脈北東部,山梨県中巨摩(なかこま)郡芦安村にあり,標高は3192.4m,日本第2の高峰。山名は白根三山の最北部に位置することによる。甲斐ヶ根,甲斐峰(かいがね)ともいい,古くは白根,白峰,白嶺などと呼ばれた。開山は,1871年(明治4),行者名取直江によってなされたという。山体は,東西方向に複背斜構造をあらわしている白根層群(白亜系)からなり,頂上部は緑色岩類からなる。北方または南方からみた北岳の山形は,ピラミッド状にみえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕北岳(きただけ)


山梨県西部、赤石(あかいし)山脈(南アルプス)の北部に位置する高峰。間ノ(あいの)岳・農鳥(のうとり)岳とともに白根(しらね)山とよばれる。標高3192mは富士山に次ぎ日本第2位。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。南アルプス国立公園を代表する山で、野呂(のろ)川の谷の奥深くに雄大な三角錐(さんかくすい)の山容がそそり立つ。山頂の東側直下は高さ約600mの大岩壁で、北岳バットレスとよばれる岩登りの名所。キタダケソウなどの固有種が多い高山植物群落地として有名。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北岳
きただけ

山梨県北西部、赤石(あかいし)山脈(南アルプス)北部にある富士山に次ぐ日本で第2位の高峰。南アルプス市に属する。標高3193メートル。間ノ岳(あいのたけ)、農鳥岳(のうとりだけ)とともに白根(しらね)三山あるいは白根山ともよばれる。粘板岩、千枚岩、チャートあるいは砂岩、輝緑凝灰岩などの古い岩石よりなる。南アルプスの展望台、夜叉神(やしゃじん)峠からの雄大な山容は格別である。東斜面の比高約600メートルの岩壁は「北岳バットレス」としてクライマーに知られ、大樺(おおかんば)沢の雪渓やキタダケソウなどの高山植物も著名。
 登山路は、甲府からバスで夜叉神トンネルを越え広河原(ひろがわら)まで入り、白根御池(おいけ)経由が一般的である。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の北岳の言及

【白根三山】より

…白峰(しらね)三山,白峰山,甲斐白根,甲斐ヶ根,甲斐ヶ嶺ともいう。山梨県中巨摩郡,南巨摩郡と静岡市にまたがり,赤石山脈の北東部にある北岳間ノ岳(あいのたけ),農鳥岳の総称であるが,北岳だけを白峰と呼んだこともあった。南アルプス国立公園に属し,白根は雪でおおわれた白い山という意味で,勝沼付近からの冬の山容はその名にふさわしい。…

【恒山】より

…中国,山西省の北東部にある山脈で,北東~南西の走向を示し,西は管涔(かんしん)山に接し,東は河北省境付近に達し,150kmにわたって連なり,桑乾(そうかん)河と滹沱(こだ)河の分水嶺をなす。主峰玄武峯(2017m)は渾源(こんげん)県の南東にあり,《水経注》では玄岳と呼ばれ,明代から中国五岳の一つの北岳恒山にあたるとされたが,〈禹貢〉以来明代まで北岳恒山として祭祀が行われたのは,河北省曲陽県北西の山西省境にある大茂山で,清代になって玄武峯で北岳をまつるようになった。【河野 通博】。…

※「北岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北岳の関連キーワード南アルプス赤石岳・赤石嶽赤石古墳青森県西津軽郡鰺ヶ沢町赤石町秋田県大館市赤石芦安〈村〉山梨県南アルプス市大師愛知県田原市赤石兵庫県豊岡市赤石北沢峠

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北岳の関連情報