コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白根三山 しらねさんざん

4件 の用語解説(白根三山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白根三山
しらねさんざん

白峰 (しらね) 山とも書く。赤石山脈北部の山群。山梨・静岡・長野県の県境付近にある北岳 (3192m) ,間ノ岳 (3189m) ,農鳥岳 (3026m) の3山をいう。中生代の地層から成り,粘板岩,砂岩,石灰岩などがみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

白根三山【しらねさんざん】

白峰三山とも呼ばれる。山梨,長野,静岡の県境近く,赤石山脈の北部にある北岳間ノ岳(あいのだけ),農鳥岳(のうとりだけ)の3山の総称。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しらねさんざん【白根三山】

白峰(しらね)三山,白峰山甲斐白根甲斐ヶ根甲斐ヶ嶺ともいう。山梨県中巨摩郡,南巨摩郡と静岡市にまたがり,赤石山脈の北東部にある北岳間ノ岳(あいのたけ),農鳥岳の総称であるが,北岳だけを白峰と呼んだこともあった。南アルプス国立公園に属し,白根は雪でおおわれた白い山という意味で,勝沼付近からの冬の山容はその名にふさわしい。三山の標高は3000mを超え,白亜系の砂岩,粘板岩,レキ岩,石灰岩などからなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県(山梨県・静岡県)〕白根三山(しらねさんざん)


白根山(しらねさん)〔長野・山梨・静岡県〕

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白根三山の関連キーワード草津白根白峰白峰神宮日光白根石川県白山市白峰白峰〈村〉白根〈町〉奥白根白峰三山甲斐白根

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone