白根三山(読み)しらねさんざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白根三山
しらねさんざん

白峰 (しらね) 山とも書く。赤石山脈北部の山群。山梨・静岡・長野県の県境付近にある北岳 (3192m) ,間ノ岳 (3190m) ,農鳥岳 (3026m) の3山をいう。中生代地層から成り,粘板岩砂岩石灰岩などがみられる。南アルプス国立公園に属し,縦走者が多い。甲府盆地側から夜叉神峠を越える大樺沢コース,八本歯コース,早川町奈良田方面からの大門沢コースが多く利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しらねさんざん【白根三山】

白峰(しらね)三山,白峰山,甲斐白根,甲斐ヶ根,甲斐ヶ嶺ともいう。山梨県中巨摩郡,南巨摩郡と静岡市にまたがり,赤石山脈の北東部にある北岳間ノ岳(あいのたけ),農鳥岳の総称であるが,北岳だけを白峰と呼んだこともあった。南アルプス国立公園に属し,白根は雪でおおわれた白い山という意味で,勝沼付近からの冬の山容はその名にふさわしい。三山の標高は3000mを超え,白亜系の砂岩,粘板岩,レキ岩,石灰岩などからなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android