百千鳥(読み)モモチドリ

  • ▽百千鳥
  • 百千鳥 (モモチドリ)

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 数多くの小鳥。また、いろいろな鳥。百鳥(ももとり)。《季・春》
※万葉(8C後)一六・三八七二「吾が門の榎の実もり喫む百千鳥(ももちどり)千鳥は来れど君そ来まさぬ」
※古今(905‐914)春上・二八「ももちどりさへづる春は物ごとにあらたまれども我ぞふりゆく〈よみ人しらず〉」
② 「ちどり(千鳥)」の異名。
※和泉式部集(11C中)下「友をなみ川瀬にのみぞ立ちゐけるももちとりとは誰かいひけん」
③ 「うぐいす(鶯)」の異名。古今伝授三鳥のうちの一つといわれる。
※拾遺愚草(1216‐33頃)下「ももちとりこ伝ふ竹のよの程もともにふみ見しふしぞうれしき」
④ =もず(百舌)〔書言字考節用集(1717)〕
⑤ 植物「きけまん(黄華鬘)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android