コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百千鳥 モモチドリ

デジタル大辞泉の解説

ももち‐どり【百千鳥】

多くの鳥。いろいろの鳥。ももどり。 春》「―もっとも烏(からす)の声甘ゆ/草田男
チドリ別名
ウグイスの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ももちどり【百千鳥】

多くの小鳥。いろいろの鳥。また、春の山野に小鳥が群がりさえずるさまやその鳴き声をいう。古今伝授の三鳥の一。 [季] 春。 「 -さへづる春は/古今 春上
チドリの別名。 「友をなみ川瀬にのみぞ立ちゐける-とは誰かいひけむ/和泉式部集」
ウグイスの別名。 「 -こづたふ竹のよの程も/拾遺愚草」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

百千鳥 (モモチドリ)

植物。クマツズラ科の多年草。カリガネソウの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

百千鳥の関連キーワード中村伝次郎(2代)道成寺(能)島津惟久妻喜多川歌麿稲負ほせ鳥悠々館湖遊菆香舎春竜藤本斗文娘道成寺拾遺愚草道成寺物道成寺篠竹の藤植流稲負鳥蛇柳三鳥随流小鳥

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

百千鳥の関連情報