コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百武兼貞 ひゃくたけ かねさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百武兼貞 ひゃくたけ-かねさだ

1821-1892 幕末-明治時代の武士,官吏。
文政4年6月15日生まれ。肥前佐賀藩士。京都留守居となり,小松帯刀(たてわき)と親交をむすぶ。明治元年肥前有田の代官となり,京都の3代高橋道八,ドイツ人ワグネルをまねき,有田焼の改良をはかった。明治25年12月11日死去。72歳。本姓成松。通称は作右衛門,作十。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百武兼貞の関連キーワード明治時代官吏

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android