コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百済足人 くだらの たるひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百済足人 くだらの-たるひと

?-770 奈良時代の武人。
百済(朝鮮)系の氏族出身で本姓は余(よ)。のち百済朝臣の氏姓をさずけられる。天平(てんぴょう)10年には鎮守判官,のち陸奥大掾(むつのだいじょう),陸奥介(すけ)兼鎮守副将軍などをへて四位下,右京大夫にのぼる。出羽(でわ)雄勝柵(おがちのき)(秋田県)の築城,藤原仲麻呂の乱の平定などに功績があった。神護景雲(じんごけいうん)4年5月12日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

百済足人

没年:宝亀1.5.12(770.6.10)
生年:生年不詳
百済系氏族出身の奈良時代武官。はじめ余足人。天平10(738)年鎮守判官と見え,天平勝宝1(749)年陸奥大掾で,陸奥国の黄金献上の功により従五位下に。天平宝字1(757)年以後百済朝臣とある。4年雄勝城築城などの功で陸奥介兼鎮守副将軍としてさらに1階進んだ。恵美押勝の乱(764)ののち右衛士督とみえ,従四位下に。神護景雲2(768)年右京大夫となった。

(佐藤信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

百済足人の関連キーワード没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android