コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄勝柵 おかちのき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雄勝柵
おかちのき

秋田県雄勝郡内に置かれた横手盆地開拓経営基地の古代城柵(じょうさく)。雄勝城ともいう。『続日本紀(しょくにほんぎ)』によれば、759年(天平宝字3)陸奥出羽按察使(むつでわあぜち)藤原恵美朝猟(えみのあさかり)によって陸奥国桃生(ものう)城とともに雄勝城として築営された。この地方の経営は、733年(天平5)出羽柵(いではのき)が秋田村高清水(たかしみず)岡に北進すると同時に、横手盆地南西端西馬音内(にしもない)扇状地上部に雄勝郡衙(ぐんが)が置かれたのに始まり、やがて雄勝柵が営まれた。737年には按察使大野東人(おおののあずまひと)が陸奥国多賀柵(たがのき)(後の多賀城)から6000の大軍を率いて雄勝に進出しようとするなど重視されていた。たびたび柵戸(きのへ)が配置され、橘奈良麻呂(たちばなのならまろ)の乱関係者も柵戸にされた。男勝、小勝の文字もあてられたが、古代出羽では国府、秋田城、雄勝城は一府二城として平安時代まで重要な存在であった。[新野直吉]
『新野直吉著『古代の国々・出羽の国』(1973・学生社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

雄勝柵の関連キーワード奈良時代(年表)百済足人出羽国払田柵蝦夷

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android