皇帝政策(読み)こうていせいさく(英語表記)Kaiserpolitik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇帝政策
こうていせいさく
Kaiserpolitik

10~13世紀の神聖ローマ帝国諸皇帝のイタリア干渉政策。イタリア政策とも呼ばれる。その発端はオットー1世の遠征と戴冠にある。オットー1世はイタリア王ロタールの寡婦アーデルハイトの窮状を助け,951年イタリアに遠征,ミラノでロンバルディア王位につき,962年再度遠征して教皇ヨハネス12世を政敵から救い,同教皇から神聖ローマ皇帝の冠を授けられた。以後歴代のドイツ国王はいずれもオットー1世にならい,皇帝の称号からくる世界支配の幻想にかられてイタリア経営に腐心した。ザクセン朝に続くザリエル朝フランケン朝),ホーエンシュタウフェン朝(シュタウフェン朝)にいたってこの傾向はさらに激しくなったが,13世紀中葉,大空位時代にいたってようやく消滅した。19世紀後半,ドイツ史学界では皇帝政策の功罪をめぐって論争が起こり,ウィレム・フォン・ギーゼブレヒト,ユリウス・フォン・フィッカーらはこれを称賛し,ハインリヒ・フォン・ジーベルらは国力の浪費であるとして批判的立場をとった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の皇帝政策の言及

【イタリア政策】より

…ザクセン朝,ザリエル朝,シュタウフェン朝のドイツ国王・神聖ローマ皇帝がおこなったイタリア支配政策。皇帝政策ともいう。カロリング帝国が三つに分裂したのち,イタリア,ブルグントを含む中部地域では早くにカロリング家の血統が絶え,各地の有力者が王を自称して対立抗争を続けた。…

※「皇帝政策」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android