コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇帝政策 こうていせいさくKaiserpolitik

1件 の用語解説(皇帝政策の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇帝政策
こうていせいさく
Kaiserpolitik

10~13世紀の神聖ローマ帝国諸皇帝のイタリア干渉政策。イタリア政策とも呼ばれる。その発端はオットー1世の遠征と戴冠にある。オットー1世はイタリア王ロタールの寡婦アーデルハイトの窮状を助け,951年イタリアに遠征,ミラノロンバルディア王位につき,962年再度遠征して教皇ヨハネス12世を政敵から救い,同教皇から神聖ローマ皇帝の冠を授けられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の皇帝政策の言及

【イタリア政策】より

…ザクセン朝,ザリエル朝,シュタウフェン朝のドイツ国王・神聖ローマ皇帝がおこなったイタリア支配政策。皇帝政策ともいう。カロリング帝国が三つに分裂したのち,イタリア,ブルグントを含む中部地域では早くにカロリング家の血統が絶え,各地の有力者が王を自称して対立抗争を続けた。…

※「皇帝政策」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone