コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇霊祭 こうれいさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇霊祭
こうれいさい

旧制の国祭日の一つ。春秋の2季,彼岸の中日に,天皇が宮中皇霊殿で,歴代天皇,皇后その他の皇霊を祀る大祭。現在は春分の日秋分の日となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうれい‐さい〔クワウレイ‐〕【皇霊祭】

旧制の国祭の一。毎年、春分秋分の日に天皇みずから皇霊を祭る大祭。現在は天皇の私事として行われる。 春》春季皇霊祭秋季皇霊祭

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうれいさい【皇霊祭】

旧制の国祭の一。春分・秋分の日に天皇が皇霊殿において皇霊をまつった大祭。春季皇霊祭と秋季皇霊祭があった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の皇霊祭の言及

【皇室祭祀】より

…祭祀令は,皇室の祭祀を大祭と小祭に分け,大祭は天皇みずから祭典を行い,小祭は掌典長が祭典を執行し,天皇が拝礼するものと定めている。
[大祭]
 1月3日の元始(げんし)祭,2月11日の紀元節祭,春分の日の春季皇霊祭・同神殿祭,4月3日の神武天皇祭,秋分の日の秋季皇霊祭・同神殿祭,10月17日の神嘗(かんなめ)祭,11月23~24日の新嘗(にいなめ)祭,および先帝祭(毎年の命日),先帝以前3代の式年祭(没後満3,5,10,20,30,40,50,100年,以後100年ごとの命日),先后の式年祭,母后の式年祭が大祭である。このうち神嘗祭と新嘗祭以外は,みな明治以後に創制されたものである。…

※「皇霊祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

皇霊祭の関連キーワード彼岸(仏教、民俗)東儀 季熈宮中三殿皇室祭祀祝祭日楽部旧制雅楽東遊

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皇霊祭の関連情報