コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国祭 クニマツリ

デジタル大辞泉の解説

くに‐まつり【国祭】

京都の賀茂神社本祭。陰暦4月の吉日に行われた。賀茂神社は山城国の地主神であるところからいう。

こく‐さい【国祭】

国家が定めた祝祭日。日本では、もと、四方拝元始祭紀元節神武天皇祭春季皇霊祭秋季皇霊祭明治節天長節神嘗祭(かんなめさい)新嘗祭(しんじょうさい)など。
昔、京都の賀茂神社などで、国司が参向して行った祭祀(さいし)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くにまつり【国祭】

京都の賀茂神社の例大祭。賀茂神社は山城国の地主神なのでいう。賀茂の国祭。

こくさい【国祭】

旧制の国の祝祭日。四方拝・元始祭・紀元節・神武天皇祭・春季皇霊祭・秋季皇霊祭・天長節・明治節・神嘗かんなめ祭・新嘗にいなめ祭・大正天皇祭など。第二次大戦後、「国民の祝日」として内容も改められた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国祭の関連キーワード京都府京都市東山区茶屋町からす天狗うじゅ三国(旧町名)恩賜賞受賞者宮尾 しげを賀茂の国祭三国[町]赤尾 敏狩野内膳石川康勝片桐且元田仲一成岩佐勝以もみじゅ祝祭日新嘗祭パリ祭春祭り例大祭錦城山

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国祭の関連情報