秋季皇霊祭(読み)シュウキコウレイサイ

大辞林 第三版の解説

しゅうきこうれいさい【秋季皇霊祭】

秋分の日に、天皇が皇霊殿で歴代の天皇・皇后・皇親の霊をまつる儀式。旧制の大祭日の一つで、現在の国民の祝日「秋分の日」にあたる。 → 春季皇霊祭

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋季皇霊祭
しゅうきこうれいさい

9月秋分の日に宮中の皇霊殿(こうれいでん)で行われる皇祖の神霊を祀(まつ)る皇室の大祭。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅうき‐こうれいさい シウキクヮウレイサイ【秋季皇霊祭】

〘名〙 毎年秋分の日に、皇霊殿で、歴代の天皇、皇后、皇親などの霊をまつる祭儀。もと国家の祭日であった。現在の国民の祝日「秋分の日」にあたる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋季皇霊祭の関連情報