コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚に丘疹、腫瘤、嚢腫ができるウイルス感染症 ひふにきゅうしんしゅりゅうのうしゅができるういるすかんせんしょう

1件 の用語解説(皮膚に丘疹、腫瘤、嚢腫ができるウイルス感染症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ひふにきゅうしんしゅりゅうのうしゅができるういるすかんせんしょう【皮膚に丘疹、腫瘤、嚢腫ができるウイルス感染症】

 皮膚に丘疹(きゅうしん)(皮膚から盛り上がった発疹(ほっしん))、腫瘤(しゅりゅう)(こぶ)、嚢腫(のうしゅ)(ふくろ)ができるウイルス感染症には、伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)(みずいぼ)と、ヒト乳頭腫(にゅうとうしゅ)ウイルスによる感染症があります。
 伝染性軟属腫は小児の病気で、プールでよく感染します。全身のどの部位にもできますが、とくにわきの下によくできます。皮膚面より半球状に隆起した丘疹で、大きさは大豆(だいず)大までで、中央がややくぼみ、表面に光沢があります。自然消失もありますが、皮膚科を受診し、専用のピンセットで取ってもらうなど、積極的に治療したほうがよいでしょう。
 ヒト乳頭腫ウイルスによる感染症には、「尋常性疣贅(いぼ)」以外に、ボーエン様丘疹症(ようきゅうしんしょう)、疣贅状表皮発育異常症(ゆうぜいじょうひょうひはついくいじょうしょう)、尖圭(せんけい)コンジローマ、ウイルス性足底嚢腫(せいそくていのうしゅ)があります。
 ボーエン様丘疹症と疣贅状表皮発育異常症は、皮膚がんです。
 尖圭コンジローマは成人の外陰部や肛門(こうもん)周囲に、褐色の丘疹や表面が白色調の湿ったカリフラワー状の腫瘤を生じるもので、性感染症の1つです。ウイルス性足底嚢腫は皮膚の下にふくろ(嚢腫)ができる病気です。
 いずれの病気も、手術や液体窒素法(えきたいちっそほう)などで治療します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

皮膚に丘疹、腫瘤、嚢腫ができるウイルス感染症の関連キーワードバリア機能汗疹丘疹結節皮膚呼吸皮膚瘙痒症ジューリング皮膚炎腸性肢端皮膚炎蹄球 (heel bulbs)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone