コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益体 ヤクタイ

デジタル大辞泉の解説

やく‐たい【益体】

[名・形動]
《「益体無し」の略》役に立たないこと。また、そのさま。
「ええ―なと我慢の暴風(あらし)で吹き払って」〈露伴・辻浄瑠璃
役に立つこと。また、しまりのあること。きちんと整っていること。
「荷を締めるやら、何やら、―のあることか」〈浄・会稽山

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やくたい【益体】

整っていること。秩序のあること。埒らち。 「荷を締めるやら何やら-のある事か/浄瑠璃・会稽山」
益体もない 」に同じ。 「塩が辛うて、とと-ぢや/滑稽本・浮世風呂 2
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

益体の関連情報