隆替(読み)りゅうたい

精選版 日本国語大辞典「隆替」の解説

りゅう‐たい【隆替】

〘名〙 さかんなことと、おとろえること。また、栄えたりおとろえたりすること。盛衰消長。りゅうてい。
※空華集(1359‐68頃)一四・答長楽在中円覚回祿書「蓋以祖道隆替、責在人不上レ屋宇輪奐焉耳」 〔晉書‐王羲之伝〕

りゅう‐てい【隆替】

〘名〙 =りゅうたい(隆替)〔布令字弁(1868‐72)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「隆替」の解説

りゅう‐たい【隆替】

盛んになることと衰えること。栄えたり衰えたりすること。盛衰。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android