コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目標選択戦略 もくひょうせんたくせんりゃくstrategy of re-targeting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

目標選択戦略
もくひょうせんたくせんりゃく
strategy of re-targeting

1974年初頭の国防報告で,アメリカの J.シュレジンジャー国防長官が明らかにした核戦略。確証破壊の潜在力によって全面戦争への拡大を抑止しつつ,ある特定の目標だけを,敵の攻撃に応じて攻撃し,戦略目的を達成しようとする構想。この特定目標とは相手の戦略兵力 (ICBMの地下基地) を意味する。この戦略実施のためには,対戦略兵力破壊能力の向上を必要とするが,相手もまたそのような能力の向上に努力するため,成立しにくくなるという結果を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

目標選択戦略の関連キーワード制限戦略核戦争対兵力戦略

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android