盲信(読み)モウシン

デジタル大辞泉の解説

もう‐しん〔マウ‐〕【盲信】

[名](スル)わけもわからず、ただひたすらに信じること。「権威の説として盲信する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もうしん【盲信】

スル
わけもわからずに信じること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もう‐しん マウ‥【盲信】

〙 むやみやたらにじ込むこと。わけもわからずに信じること。
が見神の実験(1905)〈綱島梁川〉「見なき信は、動もすれば信となり、頑信となり、他律信となり、外堅きが如くして、内自ら恃む所なきの感を生ずべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android