盲信(読み)もうしん

精選版 日本国語大辞典 「盲信」の意味・読み・例文・類語

もう‐しん マウ‥【盲信】

〘名〙 むやみやたらに信じ込むこと。わけもわからずに信じること。
※予が見神の実験(1905)〈綱島梁川〉「見なき信は、動もすれば盲信となり、頑信となり、他律信となり、外堅きが如くして、内自ら恃む所なきの感を生ずべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「盲信」の意味・読み・例文・類語

もう‐しん〔マウ‐〕【盲信】

[名](スル)わけもわからず、ただひたすらに信じること。「権威の説として盲信する」
[類語]誤信妄信過信迷信信ずる信仰信心帰依狂信信用軽信信じ込む本気にする真に受けるげんを担ぐ縁起を担ぐ御幣を担ぐ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「盲信」の読み・字形・画数・意味

【盲信】もうしん

みだりに信じこむ。

字通「盲」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android