信ずる(読み)シンズル

デジタル大辞泉「信ずる」の解説

しん・ずる【信ずる】

[動サ変][文]しん・ず[サ変]
そのことを本当だと思う。疑わずに、そうだと思い込む。「神の存在を―・ずる」「成功するものと―・ている」
信用する。信頼する。「だれも―・じられない」「―・ずべき筋によれば」
信仰する。「キリスト教を―・ずる」
[類語]信仰信心帰依狂信信用軽信誤信妄信盲信信じ込む本気にする真に受ける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android