コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盲管症候群 モウカンショウコウグン

3件 の用語解説(盲管症候群の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もうかん‐しょうこうぐん〔マウクワンシヤウコウグン〕【盲管症候群】

胃腸管の吻合(ふんごう)手術などで盲管ができ、そこに腸の内容物が停滞して、腹部膨満・腹痛・下痢・貧血・脂肪吸収障害などの症状を呈する病気。盲管系蹄(けいてい)症候群

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

もうかんしょうこうぐん【盲管症候群】

消化管の手術後などに、小腸で内容物が停滞する部位に細菌の増殖が起こり、消化吸収障害や貧血をきたす症候群。盲係蹄症候群。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

盲管症候群
もうかんしょうこうぐん
blind loop syndrome

盲係蹄(けいてい)症候群、盲嚢(もうのう)症候群などともよばれ、胃腸管に生じた短絡、盲管、盲嚢(盲端)によって腹部膨満、腹痛、下痢、脂肪便などのほか、栄養低下やビタミンB12吸収障害による貧血などがみられる症候群で、広義の吸収不良症候群の一つである。主として腸管の手術で小腸と小腸の吻合(ふんごう)(端側吻合や側側吻合)を行った場合に、閉鎖された腸管断端に盲嚢ができたり、食事の主通路よりバイパスされた空置腸管に腸内容が停滞して発生することが多い。また、胃空腸吻合やビルロート法胃切除(輸入脚症候群)のほか、クローン病など炎症による小腸小腸瘻(ろう)、癌(がん)などによる胃空腸瘻や胃結腸瘻などによるものもあり、さらに手術後の癒着などによるものを含めて小腸うっ滞症候群とよぶこともある。
 診断には糞便(ふんべん)の性状検査、脂肪やビタミンB12などの吸収試験、胃腸管のX線検査などが行われる。治療としては高タンパク高カロリー食による食事療法、輸血や抗生物質の投与などの保存療法のほか、外科療法として盲管や盲嚢の切除、腸吻合の矯正(端端吻合)、短絡解除が行われる。[岡島邦雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

盲管症候群の関連キーワード腸捻転断種分毫吻合盲管しんごうなんごう胃空腸吻合回腸横行結腸吻合血管縫合

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone