コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書下 かきくだし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

書下
かきくだし

書下文 (かきくだしぶみ) ともいう。鎌倉,室町時代,将軍の命令を下達するのに,奉書様式の文書が用いられたが,一方,守護以下一般の武士の間では,発給者が差出者として文書にその姿を現す直状様式の文書が早くから出されており,特に南北朝時代後期から室町時代にかけてその例が急速に増加している。守護として領内の武士に対する所領給与や安堵を行う場合に直状 (→直書 ) が多く用いられたのである。直状で「…之状如件」という言葉で結ぶものを書下と呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

書下【かきくだし】

中世の武家文書の一。武士が主人の命を受け,あるいは自らに与えられている職務権限に基づいて発給する,直状(じきじょう)形式の文書。主人の命を奉って発給する場合も,奉書文言を含まない。
→関連項目預状感状古文書

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かきくだし【書下】

鎌倉時代以降,一般に侍臣が主人の命をうけ,あるいはあらかじめ与えられた職務権限に基づき,みずからの直状(じきじよう)(直書)の形式で部下に発給する文書。主人の命令の要旨を引用し,その旨を奉じたことを表す文言(奉書文言)をもつ侍臣の書札を奉書というのに対し,書下は主人の指示の有無にかかわらず侍臣の職務上の権限と責任において発するもので,奉書文言を含まない書札である。鎌倉時代の基本的な法律用語を説明した《沙汰未練書》には〈書下トハ執筆奉行奉書也〉とあるが,この場合の“奉書”とは主人(鎌倉将軍)の命を奉る側面を強調したものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

書下
かきくだし

武家様文書の一形式。書下文(ぶみ)ともいう。鎌倉幕府では、引付衆(ひきつけしゅう)に属す右筆(ゆうひつ)である執筆奉行(しっぴつぶぎょう)の奉書をいうが、ついで鎌倉・南北朝・室町期に、守護以下の武士が、自己の管轄下に、所領給与・安堵(あんど)、軍勢催促、施行、補任(ぶにん)、召喚などの通達を行う際に用いた直状(じきじょう)形式の文書をさした。したがって、発給者が差出者として文書に姿をみせており、文書の書止めは「仍状如件(よってじょうくだんのごとし)」「―之状如件(のじょうくだんのごとし)」となるのが一般的である。南北朝期から室町期にかけて守護の領国支配権の拡大に伴って、書下が増加し、その後戦国大名が登場すると、戦国大名は分国支配のために花押(かおう)を捺(お)したこの種の文書を盛んに発給するようになった。しかし、当時一般にこれらは書下とはよばれずに「判物(はんもつ)」とよばれた。[久保田昌希]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

書下の関連キーワード宛行状(あておこないじょう)吾妻鏡(あづまかがみ)預状(あずけじょう)ペンギン・ブックス書き下し・書下しドグラ・マグラ新潮社(株)芹沢 光治良リュードベリ宝生 金五郎石川 総管仮名日本紀生田 直親仮面の告白宝生 新朔俗楽旋律考井上 立士水戸 光子鮎川 哲也椎名麟三

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

書下の関連情報