コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書下 かきくだし

4件 の用語解説(書下の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

書下
かきくだし

書下文 (かきくだしぶみ) ともいう。鎌倉,室町時代,将軍の命令を下達するのに,奉書様式の文書が用いられたが,一方,守護以下一般の武士の間では,発給者が差出者として文書にその姿を現す直状様式の文書が早くから出されており,特に南北朝時代後期から室町時代にかけてその例が急速に増加している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

書下【かきくだし】

中世の武家文書の一。武士が主人の命を受け,あるいは自らに与えられている職務権限に基づいて発給する,直状(じきじょう)形式の文書。主人の命を奉って発給する場合も,奉書文言を含まない。
→関連項目預状感状古文書

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かきくだし【書下】

鎌倉時代以降,一般に侍臣が主人の命をうけ,あるいはあらかじめ与えられた職務権限に基づき,みずからの直状(じきじよう)(直書)の形式で部下に発給する文書。主人の命令の要旨を引用し,その旨を奉じたことを表す文言(奉書文言)をもつ侍臣の書札を奉書というのに対し,書下は主人の指示の有無にかかわらず侍臣の職務上の権限と責任において発するもので,奉書文言を含まない書札である。鎌倉時代の基本的な法律用語を説明した《沙汰未練書》には〈書下トハ執筆奉行奉書也〉とあるが,この場合の“奉書”とは主人(鎌倉将軍)の命を奉る側面を強調したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

書下
かきくだし

武家様文書の一形式。書下文(ぶみ)ともいう。鎌倉幕府では、引付衆(ひきつけしゅう)に属す右筆(ゆうひつ)である執筆奉行(しっぴつぶぎょう)の奉書をいうが、ついで鎌倉・南北朝・室町期に、守護以下の武士が、自己の管轄下に、所領給与・安堵(あんど)、軍勢催促、施行、補任(ぶにん)、召喚などの通達を行う際に用いた直状(じきじょう)形式の文書をさした。したがって、発給者が差出者として文書に姿をみせており、文書の書止めは「仍状如件(よってじょうくだんのごとし)」「―之状如件(のじょうくだんのごとし)」となるのが一般的である。南北朝期から室町期にかけて守護の領国支配権の拡大に伴って、書下が増加し、その後戦国大名が登場すると、戦国大名は分国支配のために花押(かおう)を捺(お)したこの種の文書を盛んに発給するようになった。しかし、当時一般にこれらは書下とはよばれずに「判物(はんもつ)」とよばれた。[久保田昌希]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

書下の関連キーワード光阿施行状顕性惟光巡検使大伴定弘景長(1)国光(5)惟宗芝尊海

書下の関連情報