コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直書 じきしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直書
じきしょ

武家文書の一形式。将軍や大名など身分の高い人が家臣などに文書を与える場合,主命を受けて奉行人などの名儀で出す奉書に対し,主人名儀で発行する文書を直書,直状などという。 (→書下〈かきくだし〉 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じき‐しょ〔ヂキ‐〕【直書】

[名](スル)
本人が直接書くこと。また、その文書。自筆。直筆。「大臣が直書した依頼状」
直状(じきじょう)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じきしょ【直書】

中・近世の古文書様式の一つ。発給者自身が直接差し出す文書の総称。直状(じきじよう),直札(じきさつ)ともいう。奉行などの家臣が主人の仰せを奉じて出す奉書あるいは副状(そえじよう)などの間接的な文書と対比される。古文書学上,書状と称してはやや不適切な文書をこの名称でよぶ。また判物(はんもつ),書下(かきくだし)との区別も必ずしも明確ではない。佐藤進一によれば,直書は文章のおわりが〈……也,仍状如件〉とか〈……之状如件〉と終わり,日付を月日だけでなく年月日すべてで示すのが書状との違いであるとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じきしょ【直書】

( 名 ) スル
本人が直接書くこと。自筆。
直状じきじよう 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

直書の関連情報