コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相原友直 あいはら ともなお

1件 の用語解説(相原友直の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相原友直 あいはら-ともなお

1703-1782 江戸時代中期の医師。
元禄(げんろく)16年生まれ。陸奥(むつ)気仙郡(岩手県)の人。仙台で佐久間洞巌に儒学を,京都で後藤艮山(こんざん),香川修庵に医学をまなぶ。仙台藩医をつとめながら,旧跡を調査した。天明2年1月21日死去。80歳。通称は三畏。著作に「平泉雑記」「平泉旧蹟志」「松島巡覧記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

相原友直の関連キーワードフェイト小野寺十内竹本座お俊/伝兵衛天明の飢饉石谷清昌ラーマ[1世]児童文学近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)元禄地震

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone