コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相原友直 あいはら ともなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相原友直 あいはら-ともなお

1703-1782 江戸時代中期の医師。
元禄(げんろく)16年生まれ。陸奥(むつ)気仙郡(岩手県)の人。仙台で佐久間洞巌儒学を,京都で後藤艮山(こんざん),香川修庵に医学をまなぶ。仙台藩医をつとめながら,旧跡を調査した。天明2年1月21日死去。80歳。通称は三畏。著作に「平泉雑記」「平泉旧蹟志」「松島巡覧記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

相原友直の関連キーワード里見藤右衛門

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android