コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相対死 あいたいじに

1件 の用語解説(相対死の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相対死
あいたいじに

情死、心中に対する江戸幕府の法制上の用語。近松門左衛門らの世話浄瑠璃(じょうるり)などによって、情死、心中の語が美化され、当時の男女がこれを賛美する傾向さえ生じた。8代将軍徳川吉宗(よしむね)は退廃的な風潮を是正するため、享保(きょうほう)7年(1722)に、相対死という名称で禁令を出した。すなわち、不義で相対死をした者は死骸(しがい)を取り捨てて弔わせず、双方存命ならば三日晒(さらし)のうえ非人手下(ひにんてか)にすることとし、翌享保8年江戸町中にこれを触れている。[石井良助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の相対死の言及

【心中】より

…このため,幕府は1722年(享保7)心中死の取扱細規を発令すると同時に心中を扱った作品の出版・脚色を禁止した。以後江戸時代には心中死を〈相対死(あいたいじに)〉と公称し,死体は取捨てとし,また未遂・生存者は非人(ひにん)手下に組み入れられた。しかしその後も心中死は後を絶たず,心中は心中死,情死のみを意味するようになり,さらに複数自殺の意味にまで発展して今日に及んでいる。…

【非人手下】より

…姉,妹,伯母,姪との密通は,男女ともに遠国非人手下。不義の男女が相対死(あいたいじに)(心中)を図り,双方死にそこなったときは,両人ともに三日晒(さらし)のうえ非人手下。主人と下女とが相対死をして,主人のみ生き残ったときは,その主人は非人手下。…

※「相対死」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone